読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

少女は自転車に乗って アラブ少女の奮闘と日常を描く社会派作品

f:id:fervent-shine:20161107003845p:plain

 映画というのは芸術や娯楽などさまざまなジャンルがあるが、社会に訴えかける映画というのも存在する。「少女は自転車に乗って」はそのような数ある社会派映画のひとつ。ただ単に一人の少女が自転車を買うのに奮闘する映画だが、舞台がサウジアラビアっていうのが社会派映画と呼ばれる所以。イスラム教の戒律が厳しいサウジアラビアで少女が自転車を買うのに奮闘する映画は、少女を応援したくなるとともにさりげなく社会に訴えかけている映画でもあった。

主人公はちょっと破天荒な10歳のアラブ少女

 主人公の名はワジダ。年齢はわずか10歳で学校に通う少女なのだが、ちょっと破天荒で常識はずれな面がある。簡単に言えば悪になれないプチ不良少女といったところか。男の子と接し、きらやかな靴を履いて登校。禁じられた西洋音楽を聞き入るワジダは校長先生の悩みのタネなのだ。

主人公は何を目指すのか

 自転車を乗り回すのが少女が目指すところ。幼馴染の少年と自転車を乗り回したい、そのためにお金を稼ごうと主人公ワジダは奮闘する。ただ、そこは女性が車を運転するのも禁じるサウジアラビア。女性が自転車に乗ることは法律では禁じられていないようだが、風当たりはとりわけ厳しい。母もワジダが自転車を乗ることに激怒。お金を稼ぐとともにこの風当たりをどう乗り切るのか。主人公の奮闘ぶりがこの映画「少女は自転車に乗って」の見所であろう。

ワジダの収入はミサンガ売りとラブレターの運び屋

 どうしても自転車を買いたいワジダは校内で副業を働く。友達に1本2ドルでミサンガを売るのが彼女の主な収入源だが、大穴はラブレターの運び屋。橋渡し役を担うことで20ドルもの大金を得る。しかし、その直後にラブレターの件が校長先生に発覚。依頼主は嫁に出されてしまい彼女の副業も発覚してしまい収入が途絶えることになった。

 めげずに校外でのミサンガ売りでお金を稼ごうとするワジダ。ショッピングモールの店員に「私のミサンガ、1本10リヤルでどう?」と売り込むが、「中国製なら100本で10リヤルだ」と切り返される。資本主義社会では幼い少女の手製ミサンガを売り込むのも容易ではないのだ。

 収入源が断たれたワジダはコーラン朗唱大会で優勝を目指す

 収入が断たれたワジダが次に目指すのが、コーランの朗唱大会の賞金獲得。自転車が800リヤルなのに対し、賞金は1000リヤル。校内大会で賞金がでるっていうのが日本の感覚では驚きだが、アラブ社会ではありふれたことなのだろうか。何はともあれ自転車を乗り回すためコーランの勉強を始めるワジダ。今まで稼いだお金でコーランクイズゲームを買い、宗教クラブにも入部。初めはつたない朗唱でコーランの暗記もろくにできていなかったが、目的があるワジダはどんどん上達していくのだった。

 ワジダ優勝!!だがしかし・・・ 逆転負けから逆転勝ちへ

 コーランの朗唱大会に出場したワジダは順調に勝ち抜く。つたなかったコーランの朗唱も美しくこなし、見事大会に優勝する。とてもコーランに関する質問に答えられなかった彼女とは思えないのだが、最後の最後で爪が甘いワジダ。

 あろうことか優勝発表の場で賞金の使い道を「自転車を買います」と宣言。無論、厳しい校長先生は激怒し、「パレスチナの人々に寄付しなさい」とワジダに指示。無力なワジダは従うしかなく、悲しそうな顔で帰路につく。

 しかし、まだ終わりではなかった。自転車は家にあった。実は母が奮闘するワジダの姿に感動して買っていたのだ。お金では解決できなかったが、ワジダの奮闘する姿は母の心に響いていた。ワジダは自転車に乗ってエンディングを迎える。念願の自転車を楽しく乗って。

アラブ社会に感じる共感と違和感

サウジでもゲームは盛ん!?

 アラブの社会でもゲームは盛んなのかもしれない。ワジダの父親の趣味はゲームなのか、FPSの戦争ゲームを好んでやっているシーンがある。このようなシーンは映画では珍しいのではなかろうか。思えば、ハリウッド映画でもゲームをしているシーンなんて「ダイハード4.0」のわずか数秒のシーンでしか見たことがない。珍しい場面であるが、アラブ社会でもゲームが盛んなのだと知ることができる貴重なワンシーンだ。

 主人公のワジダが目的達成のためやることになるゲーム?は「すぐわかるコーラン」!?どう客観的に見ようとも、まったくおもしろくないコーランクイズゲーム。主人公は途中でそれを投げ出すのだが、めげずにチャレンジしていき目的を達成する。 

アラブ社会でも横文字がさりげなく登場

 なんでも横文字にするのは日本人の悪い癖、というのは日本の中での思い込みなのかもしれない。作中でもさりげなく「スーパースター」という英単語が出てくる。アラブ社会でも日本と同じことが起きていると思える、ちょっとしたシーン。見逃してしまいそうになるが、こんな一面を発見するのも映画の面白いところだ。

自爆テロを肯定する会話が堂々と

「神のためだから痛くないさ!天国で70人の妻を娶れるんだ!!」幼馴染の少年は従兄弟が自爆テロを決行したことを自慢気に語るのだが、アラブ社会ではこれが普通なのか。社会が異なれば考え方も異なるということを表すシーンだ。

アラブ女性の化粧はかなり濃厚?

アラブ社会では女性が顔を隠さなくてはならないのはよく知られたこと。映画で出てくるアラブの女性たちは美人で化粧が濃いのは少しばかり驚く。服装もデニムやドレスなど黒装束のアバヤとは一転して輝いている。たとえどのような社会であろうとも女性が外見を豊かにしたいと思うのは当然のことなのだろう。

 おわりに

 それにしてもよく映画の撮影ができたものだと思う。少女だけでなく大人の女性も顔出しているが、サウジアラビアでは親族以外の男性に女性は顔を見せてはいけないのではなかったか。それなりの抜け穴があるのかもしれない。この映画の監督は女性で車の中から無線で指示を飛ばしながら作り上げたという。大変な撮影環境だが、そんななかでもこれだけいい映画を作れるのは監督の手腕がよかったからだろう。映画の中でも外でも女性の奮闘が浮かばれる映画だ。

 この映画はただ単に少女が自転車を買うために手を尽くすという映画ではない。アラブ社会で女性が生きていくためにどれだけ息苦しいかをさりげなく描いている。女子校内でも歌声が外に男性に聞こえてはいけない、女性が車に乗るには運転手を雇わなければならない、などさまざまな制約があることを描いている映画なのだ。

 ちょっと重たい映画なのは間違いない。だが、少女の奮闘する姿は見ていてワクワクするし、異文化を知ることができるという点でも楽しめる映画だと思う。最近の下手な邦画よりよっぽどおもしろいと思える映画、それが「少女は自転車に乗って」だ。 

少女は自転車にのって [DVD]

少女は自転車にのって [DVD]