読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

LUMIX DMC-GF7はカメラをこれから買いたいという方にオススメ!!男性が使っても違和感なしの女流ミラーレスカメラ!!

REVIEW

f:id:fervent-shine:20161010220822j:plain7月25日にAmazonで購入したのが、このPanasonicのLUMIX DMC-GF7。

このカメラを使うまではスマホのカメラも使っていなかったのですが、LUMIX DMC-GF7を買ってから世界がちょっと変わりました。

写真の撮影のため、今までは行くことがなかった場所やイベントにも出かけるようになり、ちょっと活発になったのが変化したところ。

もともとはブログ用の写真撮影用に購入したのですが、今では出かけて写真を撮ることが主目的になっている感があります。

私の世界を変化させた、このLUMIX DMC-GF7。

今回はLUMIX DMC-GF7を紹介していきます。

どんなことを目的としたカメラなのか?

f:id:fervent-shine:20161014184313p:plainLUMIX DMC-GF7はターゲット層が女性、しかも幼いお子さんがいる主婦に向けたカメラっていうのが私の印象。

ホームページの解説やAmazonのレビューを見ていると、「自撮りが取りやすい!」「小さくて可愛い!!」と行った意見が目立つなと感じた。

そもそもミラーレス自体が軽くて扱いやすく、かといってスマホと違って画質が粗くないことが特徴としている。

ここぞという時に素人でも扱えるような操作性能なので、普段からスマホのカメラを使っている女性に向けてポンっと投げかけている。

なので、LUMIX DMC-GF7は女性たちがスマホで済ませていた自撮りキッズ撮影をより使いやすくするようにしているカメラなのだと思う。

自撮りをより撮りやすく

LUMIX DMC-GF7の目立った特徴はモニターが被写体に向けられるということ。これによって、モニターを見ながらシャッターを押せるので、自撮りが簡単にできるようになる。しかも、モニターを回転させると自動的に自撮りモードに切り替わって、6つの機能が作動するようになる。

  • カメラの左手側のボタンが自動的にシャッターボタンに切り替え
  • 撮影時にカウントダウンが表示
  • 手で隠した顔を現すと自動でシャッター
  • 2人の顔が近づくと自動でシャッター
  • ビューティーモードでよりキレイに撮影

自撮り写真は私はまったく好みではないので、これらの良さがあまりわからない。自撮りを撮る方はたいてい女性なので、男性にはその魅力が伝わりにくいのだろう。ただ、身近な女性に聞いたところ、インスタグラムに自撮り写真をアップするのはトレンドだという。その点、自撮りをするにはこのLUMIX DMC-GF7はぴったりのカメラなのかもしれない。

子供をより撮りやすく

LUMIX DMC-GF7のキッズモードに搭載し、ダイヤルを回すとすぐさま切り替えられる。予測不能な動きをする子どもに常にピントが合うようになっており、さらにモニターをタッチし続けると連写し続けるので決定的瞬間を見逃さないよう設計されている。

カメラを買う理由はさまざま。だけど、一番多い理由って子どもを撮るためなんじゃないかなと思う。私がカメラを購入したわけはブログに載せる写真を撮りたいからなんですが、ブログ以外で写真を見るのはアルバムを見てというのが圧倒的に多い。思い出を残すためにカメラを買うっていうのが、世の中の人たちがカメラを買う一番の理由でしょう。LUMIX DMC-GF7は子どもの思い出を残したい方にはぴったりなカメラです。

男性である私が使ってみた感想

このカメラを選んだ理由っていうのが、ただ単にAmazonで最も売れているミラーレスカメラであったためで理念も方針も何もありませんでした。

その当時、私はカメラについて知っていることが何もなかったので、何を選んでいいのかさっぱりでした。

家電量販店に足を運んで直接触ったり、各企業のホームページを見て研究したりしたのですが、それでもなかなかこれが欲しいっていうカメラにめぐり合うことはできませんでした。

そもそもカメラの用途がブログに載せるっていうだけしか決まっておらず、どんなものを撮りたいか、どのようなシーンで使うのかが決まっていなかったので、カメラ選びは難航しました。

そんななか、Amazonで見つけたのが、LUMIX DMC-GF7。

何を選んでいいのか定まらなかった私ですが、「みんなが勧めているカメラがいいに決まってる。」という最終選択を採用してLUMIX DMC-GF7のボタンをポチッと押しました。

もっとも、それ以外にもちゃんとした理由があるのでちょっと紹介していきます。

小型で扱いやすい

私がカメラを購入するに当たって気をつけた点がカバンに入ること

首にぶら下げてカメラを持ち歩くっていうのは、カメラ小僧感がして嫌だったのです。

カバンに入って、スッと取り出せる。

そんなカメラが欲しかった私にとって、LUMIX DMC-GF7はぴったりのカメラでした。

22種類の世界の表現

f:id:fervent-shine:20160726122046j:plain

LUMIX DMC-GF7に私が引かれた点はアーティステックな画像効果があるっていうこと。

写真っていうのは現実の中にどれだけ非現実を投影できるかっていうのも魅力の一つなのだと思っています。

ピカソの絵画が評価されるように、写真もまた、非現実さが評価されて然るべきでしょう。

LUMIX DMC-GF7は写真を非現実にできる画像効果が22個もあって、どれも感性を刺激する表現ばかりです。

上の写真は等々力渓谷の一角をジオラマモードで撮影したもの。

ただの石のベンチと木々を写したものですが、ミニチュア感があって趣がある写真が完成しました。

タッチ操作は快適

カメラっていうものは初めてPCを操ったことを思い出すほど素人には扱い難いアイテムです。

小さい機体に対してボタンやダイヤルがごたごたくっついて何をどうしたらいいのか初心者には分かり難いのですが、LUMIX DMC-GF7はタッチパネルの性能が高いので安心して扱えるのでカメラ初心者に向いています。

タッチパネルのボタンも右手の親指でタッチできるデザインで構えながらボケ味を出したり、画像効果を切り替えられるのでとても扱いやすくなっています。

ボタンやダイヤルもパッと見ては多いのですが、カメラとしてのみ扱うにはそれほど多くはいらなかったので困惑が少なかったです。

終わりに

3ヶ月使った私の愛機、LUMIX DMC-GF7。つい先日、新しい一眼レフカメラを購入したので乗り換えることにしたのですが、それでも時々使っていこうかと思っています。

買った当初は女性向けの機能がてんこ盛りだったので後悔したのですが、使って見ると男性が使ってもまったく違和感がなかったですね。

画質もスマホのカメラよりよっぽど良くて、ここぞという時にサッと取り出せるコンパクトさは一眼レフにはないメリット。

写真家を目指したい!芸術的な写真を撮りたい!っていう方には向かないのですが、日常の写真を綺麗に撮りたい!って方には最高のカメラであるとオススメしたいです。

LUMIX DMC-GF7とカスタムレンズ 

 

 

 

LUMIX DMC-GF7で撮った写真の数々 

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp