読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

朝寝坊ぐせがある方はiOS10のアップデートに注意!

REVIEW

f:id:fervent-shine:20161004090407j:plainiOS10にアップデートしても、とても便利になりましたね。

だが、便利になって改悪になったことが一つだけありました!

 それが、アラーム機能。どう改悪になったのか私の例をとって説明していきます。

iOS10以前のアラーム

深い眠りから目を開けると、iPhoneのアラームが鳴っている。

「いや、iPhoneのアラームが鳴っているから眠りから覚めたと言うべきか・・・、いずれにせよ、うるさい!」

と思って、止めようとするけど、なかなかうまくいかない。

「なぜだろう・・・。」

画面に指をおいてスライドさせる必要があるのだが、反応が鈍い。

「そりゃそうだ!」

眠たい寝起きで細かい作業なんて向いていない。

まっすぐ指をスライドさせるのは困難なのだ。

目覚まし時計なら上から思いっきり腕を振り下ろすだけなのだが、iPhoneはわざと使いにくくして二度寝を防いでいるのだ。

iOS10のアラーム

深い眠りから目を開けると、iPhoneのアラームが鳴っている。

「いや、iPhoneのアラームが鳴っているから眠りから覚めたと言うべきか・・・、いずれにせよ、うるさい!」

止めようとして、スッと手を伸ばす。

「ポチッとな。」

そう、iOS10のアラームはボタン式。

スッと腕を伸ばし、いつものようにiPhoneを起動させるようにホームボタンを押すだけだ。

もうしょぼしょぼした目で画面をスライドさせる必要はない。アラームはこれで簡単に消せるのだ。

これで二度寝し放題!!二度寝好きには便利になったiOS10にラブコールを送りたい!!

そして昼過ぎに思う、「あっ!寝坊した!」

終わりに

iPhoneはなんだかんだいって日々進化していっています。目を見張るようなアッと驚くインパクトがないものの、より使いやすくなっています。だけど、時たま失敗もする様子。

iPhoneを目覚まし代わりにする私にとって、iPhoneは仕事の生命線。アラームの是非で私の一日の仕事ぶりが決まると言って過言ではありませんでしたが、4日前は大寝坊!!二度寝が気持ちよすぎてアラームをすぐさま消去してしまった私がバカでした。

ここで皆さんに注意喚起。

もし、iPhoneを目覚ましがわりに使っている方は目覚まし時計を新たに買いましょう!

過去の関連記事 

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp