DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

日本民家園は24つもの民家が展示されていて見応えあり!!中まで入って見学できるのでネットだけでは知り得ないこともたくさん見れる!自販機も綺麗にされてゆったりできる落ち着きスポット!!

f:id:fervent-shine:20160927192539j:plain昔から日本の古民家建築に興味があったのですが、この度、神奈川県川崎市の日本民家園を探索しました。東日本を中心とした様々な民家が移築されていてとても見所がある博物館でした。

アクセス

f:id:fervent-shine:20160927194024j:plain日本民家園は神奈川県川崎市の北部にあります。小田急線の向ヶ丘遊園駅から徒歩13分と若干距離があるものの歩いていけない距離ではありません。また、駐車場もあり自家用車やバイクでも入園可能。入園料は大人一人500円。開園時間は9:30~17:00となっています。

屋内展示場は狭いながらも要点を押さえている

f:id:fervent-shine:20160927195218j:plain日本民家園は野外博物館ですが、屋内展示もけっこう充実しています。この手の博物館の定番であるジオラマはもちろん、説明文や写真も充実しており、見応えがあります。民家だけの展示ではなく、そこではどのような生活が営まれていたかの解説もあって古民家好きには驚きの展示内容です。

日本各地の民家のジオラマはエラブレート!!

f:id:fervent-shine:20160927195058j:plainジオラマも精巧な作りで、町屋は間取りがみれるという凝った模型。木々など細かなところも作り込まれているので、見応えがあります。ジオラマの解説も写真付きで見やすくて楽しめます。特に気に入ったのが丹後半島の船屋群の展示。船を屋内で格納する構造は世界的に見ても珍しいので、とても新鮮でした。

f:id:fervent-shine:20160927200217j:plainf:id:fervent-shine:20160927200347j:plainf:id:fervent-shine:20160927200457j:plain

農民の生活民具の展示は当時の生活が垣間見れる

f:id:fervent-shine:20160927200945j:plain民具の展示もかなりのもので、特に民家を造る大工道具の展示物が揃っていました。ハンマーだけでもこれだけのものがあると驚きました。また、民家での生活についての展示コーナーも詳しく解説されており、当時の暮らしぶりは現代と大きく異なることが感じられました。

f:id:fervent-shine:20160927201458j:plainf:id:fervent-shine:20160927201655j:plain

野外の民家展示数はなんと24つ!!

f:id:fervent-shine:20160927204811j:plain日本民家園の展示民家数は24つあります。東日本の農家がメインで、様々な建築様式や間取りを楽しむことができます。江戸時代の武家屋敷や大正時代のモダンな大地主の邸宅、農民の家も公開されています。

日本の古民家を巡って見て思ったのが、開放的な間取りをしていること、どれも薄暗いのと木が腐ったような匂いがすること、この3つはどの民家に共通していました。やはり日本は湿気が強いので風通しを良くしているのでしょう。事実、民家の中はどれも涼しく過ごしやすくなっていました。ただ、薄暗いのはちょっと勘弁で、本などの書籍が読めないのが難点。農家の家が大半で屋外で過ごすことが多いのが一番の理由でしょうか、屋内に日差しを取り込む必要性が見出せなかったのでしょう。もっとも厄介なのが木が腐ったような匂いでかなり強烈。展示物は古民家を移築したもので、かなり年季が立っているからでしょうか。新築ならもっといい匂いがしたのかもしれません。

f:id:fervent-shine:20160927211540j:plainf:id:fervent-shine:20160927211452j:plainf:id:fervent-shine:20160927211722j:plainf:id:fervent-shine:20160927211842j:plainf:id:fervent-shine:20160927212024j:plainf:id:fervent-shine:20160927212403j:plainf:id:fervent-shine:20160927212504j:plain

f:id:fervent-shine:20160927213514j:plainf:id:fervent-shine:20160927213608j:plainf:id:fervent-shine:20160927213658j:plainf:id:fervent-shine:20160927214002j:plain

旧原家住宅は靴を脱いで見学できる

f:id:fervent-shine:20160927215429j:plain旧原家住宅は床に上がれる唯一の展示民家。大正時代の建築だけあって綺麗な造りをしていました。庭には小規模ながら枯山水もあって大地主にふさわしい豪邸。襖を開ければ奥まで見渡せる開放的な間取りで風通しが良いのが実感できました。もっとも驚いたことがトイレで、実際に使用できるといった凝りよう。設備も最新だったのでとてもびっくりしました。縁側は江戸時代と異なり、全てガラス戸に覆われていて、時代の変化を感じ取ることができました。ガラス戸がない方が日本家屋本来の機能が果たせるとも思うのですが、防犯や防寒という面もあるのでしょうか。

f:id:fervent-shine:20160927215003j:plainf:id:fervent-shine:20160927214248j:plainf:id:fervent-shine:20160927214517j:plainf:id:fervent-shine:20160927214722j:plainf:id:fervent-shine:20160927214625j:plainf:id:fervent-shine:20160927215259j:plain

至る所に休憩所があってゆったりできる

f:id:fervent-shine:20160927205225j:plain園内には至る所に休憩所がありました。自販機も綺麗な木目調で民家園の雰囲気を壊していません。ゴミもきちんと片付けられており、掃除は行き届いていました。自然に囲まれた自販機はたいてい虫が寄ってきて近づきがたい状態になっているのですが、そのようなことはありませんでした。

園内にはそば処「白川郷」お団子「三吉野」が営業。11時〜15時の営業で古民家で食事ができる優雅さを味わうことができます。

f:id:fervent-shine:20160927205454j:plainf:id:fervent-shine:20160927210613j:plain

終わりに

f:id:fervent-shine:20160927221539j:plain日本民家園は屋外展示が充実しており、見所がたくさんありました。ただ、もうちょっと民家のバリエーションを広げてほしいと思ったのも率直な感想。京都の町屋や武家屋敷ももっと見たかったです。その分、農家の展示が充実しており、日本の農家を見たいという方には申し分ない展示内容。そして、けっこう自由に歩き回れたので、のびのびとしたい方には向いているのかもしれません。

過去の関連記事

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp