DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

スマートウォッチの次はスマートクロック!!「GlanceClock」はスケジュールをよりシームレスに伝える。壁掛け時計の可能性ってもっとあるよね!

f:id:fervent-shine:20160919205358p:plainあらゆるデバイスが進化する現代という時代、それは時計も例外ではありません。GlanceClockは時計をより時計としての目的を果たす、そんな使命を帯びた進化した時計です。

今の時計の問題点

f:id:fervent-shine:20160919201546p:plain今の時計の問題点は「現在の時を確認できる」という一点にしか役割を果たせないということにあります。例えば、スマホやPCは「情報を閲覧することしかできない」というわけではありません。絵を描いたり、写真を撮ったり、他者と連絡を取り合ったりと様々なことができるよう進化していっています。電話というデバイスがスマホに進化しているというのに、時計は未だに時計のままに留まっています。

GlanceClockは時計にさまざまな可能性を見出すデバイス

f:id:fervent-shine:20160919210326p:plain

GlanceClockは「現在の時を確認できる」だけしかできなかった時計と違って、「その時間に何をすべきか」などの目的をも一緒に確かめられる時計です。時計を見るという行為は何かをするための手段にすぎません。ですが、GlanceClockはそこにやるべき目標やメッセージを表示することによって、手帳を開いたりするという面倒くさい行為をワンステップ省略できる画期的な時計になりました。

1日のスケジュールをGlanceClockに

f:id:fervent-shine:20160919202933g:plainスマホのカレンダーをGlanceClockに接続すると文字盤に1日のスケジュールが表示されます。このことによって、いちいちカレンダーをめくったり、リマインダーを開いたりする必要がなく、直感的にスケジュールを知ることができるようになります。

スマホを開いたりすることなく、天気予報を確認できる

f:id:fervent-shine:20160919211559g:plainちょっと調べごとをするのにいちいちスマホを開いたりするのは案外億劫になるものです。しかも、そこに明確に目的があるわけでなく、普段は調べないのに知らないと困るという物事はけっこうあるものです。その際たる例が天気予報。今日の天気を知るのにスマホを開くことはあまりしないものですが、知らないと困るという典型例。GlanceClockは調べるという手間を省き、自然と視界に入る感じで天気の状態を教えてくれます。

スマートホームとの相性は抜群!やってほしいことを声に出すだけでGlanceClockを操作

f:id:fervent-shine:20160919213215g:plainスマートホームはまだまだ普及していませんが、これから伸びてくるのではないかと言われているデバイスです。そして、GlanceClockはスマートホームとの相性は抜群です。昼前にスマートホームに「次の予定は何?」って話しかけるとGlanceClockはシームレスに反応して「Lunch!」という答えが返ってきます。

トレーニングの視覚化でやる気をUP!!

f:id:fervent-shine:20160919214730g:plainフィットネスやトレーニングは続かない方が多いのですが、GlanceClockはそんな人たちのためのアシストとなるかもしれません。シンプルなグラフでフィットネスの目標を視覚化。GlanceClockを活用すれば、ハードなトレーニングも達成できるようになるかもしれません。

ニュースなどの情報もアクションを起こすことなく自然と視界に!!

f:id:fervent-shine:20160919215732p:plainニュース速報やテレビ番組を知るのに、スマホやテレビを操作することがなくなることは地味に便利なことです。スマホを操作したり、テレビの電源をつけたりすることは体を使わなければいけませんが、料理をしていたりするときはけっこう面倒です。GlanceClockなら、情報をリアルタイムで表示できるので、そんなめんどくささとは無縁です。

終わりに

f:id:fervent-shine:20160919220930p:plainIoT機器の進化は早く、新しいデバイスが次々と出てきています。そして、このGlanceClockは時計のIoT機器の先駆けとなる製品。従来のデザイン第一主義の壁掛け時計から新しい局面に入ろうとしているのかもしれません。

GlanceClockは2016年9月19日現在、クラウドファンディングサイトINDIEGOGOで出資金を募っています。200ドル以上出資することで、GlanceClockが入手でき、お届け予定日は2017年2月となっています。ただし、あくまで出資金ですので、開発に失敗した場合は届かず、出資金も返金されません。 

関連の過去記事 

fervent-shine.hatenablog.jp

fervent-shine.hatenablog.jp 

fervent-shine.hatenablog.jp