読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DickEY SinG

社会の狭間のノモスの探求

カメラはフロントのみ 自撮り棒不要の自撮りに特化したスマートフォン「Selfie One」

f:id:fervent-shine:20160729122054p:plain

セルフィーは今や一般化しており、ツイッターやインスタグラムなどのSNSで自撮り写真を掲載することは一般的となっています。そんななか、自撮りに特化したスマートフォンSelfieOneがIndiegogoで出資を募っています。

今までのスマートフォンで自撮りをしても様々な障害があります。

f:id:fervent-shine:20160729130653p:plain

画質が悪かったり、

f:id:fervent-shine:20160729130736p:plain

焦点があったりしなかったり、

f:id:fervent-shine:20160729130806p:plain

画角が狭いので、メンバーの全員が映らなかったりします。

f:id:fervent-shine:20160729131654p:plain

SelfieOneはそういった問題を解決する自撮り専用スマートフォンです。

f:id:fervent-shine:20160729131641p:plain

2200万の画素数を誇るSONY製最新のイメージセンサー IMX318を搭載。晴れの日も雨の日も信じられないほどきれいな自撮りが可能。

f:id:fervent-shine:20160729132138p:plain

ダブルフラッシュと0.03sオートフォーカス、HDRを搭載しているので、より肉眼に近い写真が撮れます。

f:id:fervent-shine:20160729133519p:plain

背面にはセンサーを搭載しており、軽く触れるぐらいでシャッターを切れます。

f:id:fervent-shine:20160729134024p:plain

2Kスクリーンを搭載しており、2560×1440の最高の解像度で写すことができます。フルHと比べてみても違いは歴然です。また、液晶パネルは第3世代のゴリラガラスでできているので非常に頑丈です。

f:id:fervent-shine:20160729134417p:plain

SelfieOneは広角レンズを使っており、自撮り棒がなくてもワイドな写りが可能です。

f:id:fervent-shine:20160729134530p:plain

SelfieOneは防水仕様で水に落としても大丈夫。

f:id:fervent-shine:20160729134648p:plain

SelfieOneは専用ケース付属しています。角を覆っているのでしっかりとSelfieOneを守るようになっています。

f:id:fervent-shine:20160729135459p:plain

専用アプリSelfieCreatorAppで編集したりSNSでシェアすることもできます。

f:id:fervent-shine:20160729135015p:plain

外箱と充電器もユニークで美しいデザインとなっています。

SelfieOneはIndiegogoで出資を募っています。279ドル(約30,000円)出資すればSelfieOneをゲットできます。出資者は2016年7月下旬の時点で19人に達しています。出資金額獲得目標は12万ドルで2500ドルの出資金が集まっています。なお、20ドル出資すれば、SelfieOneシャツが獲得できます。